生活の身近にある機械製品にも採用されるチタン酸バリウムについて

生活の身近にある機械製品にも採用されるチタン酸バリウムについて

チタンは将来性のある金属素材です

ノートパソコンの内部

金属には様々な種類がある事は多くの人に知られていますが、その中でも工業製品に応用されている物は鉄鋼類と非鉄鋼類に分けられます。鉄鋼に様々な合金化を行う事で豊富な種類の鉄鋼が開発されています。例えば古来から製造されてきた炭素鋼は鋼の総生産量の8割をしめ普通鋼とも呼ばれています。炭素の含まれる量によって呼ばれ方が異なり、炭素量によって硬さが変わるため、使用用途も変わってきます。
金属材料の中には鉄鋼類のほかに非鉄金属と呼ばれるものも有ります。これは鉄鋼類に比べ生産量が少ない為便宜的に付けられた総称です。非鉄鋼類は日本の産業に欠かせない金属材料です。例えばチタンは鉄よりも軽い金属材料です。軽いけれど強度に優れ飛行機やロケット、電車、などの大型工業製品、耐食性に優れているので海辺の建築資材として、人体への影響がないので医療機器や人工骨などに利用されています。
そして宝飾品に活用すると鮮やかな発色の為重宝されています。チタンは発見されてから比較的時間がたっていない金属であり、今後も様々な分野での活用が期待されています。中でも注目されるべきは核廃棄物貯蔵施設の長期保管用コンテナへの利用を研究されている事です。

トピックス